ニュース

個人再生のページを更新しました。

legalpartner 2016年5月26日 木曜日

最近、個人再生手続きを多くお受けしております。

個人再生のポイントを「個人再生のツボ」として掲載しております。

大阪の遺言相続相談室のホームページをリニューアルしました。

legalpartner 2016年4月26日 火曜日

大阪の遺言相続相談室のホームページをリニューアルしました。

50代の方に向けて遺言を書くことをお勧めしています。

 

 

第3回 はじめての家づくりセミナー

legalpartner 2015年9月25日 金曜日

10-11 セミナー

特別企画の3日間!

legalpartner 2015年9月18日 金曜日

連休

当社の試みが新聞に紹介されました!

legalpartner 2015年9月8日 火曜日

FullSizeRender八尾タイムズ

第1回 はじめての家づくりセミナー 

kato 2015年9月5日 土曜日

FullSizeRender

【スタッフBLOG】♤ アメとムシ♤

staff 2015年2月28日 土曜日

こんにちは、リーガルパートナーです。

今年は、カメムシによる農作物の被害が

大きいと聞いておりましたが・・・、

図書館でくつろいでいたら、

突然天井からカメムシが降ってきました!

ビックリです!

 

さて、本題ですが。今回はカメムシ・・・ではなく、

「アメとムシ」の話をしたいと思います。

似ているものとして「飴と鞭」という言葉が

ありますよね。

躾などにおいて、甘やかすことと、厳しくすることを、

効果的に使い分けることで他者の行動を任意の行動に向かわせよう

とする場合に使われるようになりました。

言い換えれば、人を支配するための方法論です。

しかし、心理学の研究に基づくと「飴と鞭」よりも、

より効率的な方法があるとのこと。

それこそが「アメとムシ」だそうです。

 

ねずみを使った実験で、

罰を与えずに導いたグループの方が

迷路から早く脱出できたという研究結果があります。

やっぱりみんな鞭=痛いのは嫌なのでしょうね。

たとえ報酬が待っているとわかっていても、

痛みがあるのでは、なかなか前に進めないということでしょうか。

 

「怒らないと分からない奴だっているじゃないか」との反論もあるかもしれません。

しかし、怒って鞭を振るわなくとも、通常であれば言葉で

理解を促すことは十分にできるはずです。

そう、信頼関係さえあれば。

 

人間同士の信頼関係というのは、実に大切なものです。

心の安定だけでなく、仕事の効率にまで影響を及ぼします。

だとすると、あえて鞭をふるって仕事の効率を下げたり、

信頼関係を崩すようなことをするのは

あまりおすすめできません。

(信頼関係が既に破壊されている場合は別かもしれませんが・・・)

 

思考しようとしているものに、プレッシャーをかけても

思考は速くなりませんから。

縦横の関係などなど、複雑に絡み合う社会ですが、

「人間関係とはこういうものだ」なんて言って、、

先入観の上で胡坐をかいているのではなく

お互いのためにできる、何かを、探せるように

なりたいですね。

 

リーガルパートナーは、お客様と良い信頼関係を

築けるよう、日々精進してまいります。

 

相続・遺言、成年後見、会社設立・変更手続、不動産登記、

債務整理・借金問題等のご依頼ご相談は

司法書士法人リーガルパートナー 

フリーダイヤル 0120-51-8107 まで

お気軽にお電話ください。

司法書士法人リーガルパートナーに寄せられたお客様の声

【スタッフBLOG】♤ 負うた子に教えてもらおう♤

staff 2015年1月24日 土曜日

こんにちは、リーガルパートナーです。

まだ、正月終わりたての気分なのですが

もう、恵方巻の宣伝が真っ盛りですね。

恵方巻といえば、節分。

節分といえば、豆まき。

豆まきといえば、鬼。

今も昔も、鬼は子供に恐れられるもの

その最たる例が、通称、鬼アプリです。

子供が悪いことをしたときに、

鬼が電話をかけてき(た風にし)て、

親の代わりに、子を叱ってくれるものです。

効果は覿面!

鬼を怖がった子供達は、泣く泣く親の言うことを

きくようになります。

 

大人になると、叱られることが少なくなりますが、

大人と子供の、「叱る、叱られる」を見ていると、

自分の身も引き締まるような気がします。

 

例えば、水を出しっぱなしにしない。

出した椅子は、きちんと直す。

何かをしてもらったら、「ありがとう」と言う。

迷惑をかけたら、「ごめんなさい」と言う。

横柄な態度をとらない。

などなど。

 

大人といっても、完璧な人間にはなれないものです。

横柄な態度で、後輩を抑圧するのではなく、

だからといって、甘やかし放題にするのではなく、

一緒に成長しようという、大きな心でもって

良き道を、共に進んでいきたいと思いました。

人に叱られることの少なくなる大人だからこそ、

自ら改善していかなくてはなりませんね。

見直すべきものは、一つずつ見直してまいりましょう!

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

司法書士法人リーガルパートナーは、皆様のお役に立てるよう

スタッフ一同日々邁進しております。

借金問題、相続、離婚、帰化等々・・

何かお困りのことがございましたら、お気軽にお電話ください。

 

お待ちしております。

フリーダイヤル;0120-51-8107

司法書士法人リーガルパートナーに寄せられたお客様の声

【スタッフBLOG】♤ ニーハイをはいた猫♤

staff 2014年12月27日 土曜日

突然ですが、先日、黒猫を見かけました。

事務所近くの某神域付近で見かけました。

自転車に乗っている時に見かけました。

まだ若い、黒猫。

可愛い、黒猫。

白い靴下をはいた黒猫。

ん!?

そうです。

自転車走行中だったので、気づかなかったのですが、

その黒猫は、手足が白くて、

靴下を履いているように見えたのです。

(しかもニーハイ!)

靴下ではないですが、

長靴をはいた猫といえば、

民話が有名ですよね。

あっ、ドリーム○ークス社の

シュレ○クシリーズのキャラクターとは

違うほうですよ(笑)。

この上なく省略してご紹介させていただきますと、

相続財産として、猫を相続した三男が、

やり手の猫のおかげで王様に気に入られ、

姫と結婚できたというお話です。

相続当時、この三男は、

「猫なんか食べてしもたら、終わりやんか」

というように、たいした相続財産が無いわが身を

嘆いていたそうです。

それがまさかのどんでん返し!

食べなくって良かったですね(笑)

ついお給料日が来ると、

ドリップコーヒーを飲んでみたり、

贅沢をしてしまう私ですが、

無駄遣いをせずに、何かに投資してみても

いいのかも・・・?

とはいえ、この三男のように、猫に投資してみる

というのは、なかなか勇気のいることです。

三男の人生を変えた猫もすごいですが、

猫に投資できる三男も、

なかなか器の大きい人ですよね。

じゃあ私も・・・いやいや真似できない!

さて、三男は成功しましたが、相続も投資も

それなりのリスクがあります。

危険が現実化したら、そのままにせず、

どうぞご相談くださいね。

いつでもそこに♪…リーガルパートナーです♪

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

司法書士法人リーガルパートナーは、皆様のお役に立てるよう

スタッフ一同日々邁進しております

借金問題、相続、離婚、帰化等々・・

何かお困りのことがございましたら、お気軽にお電話ください

お待ちしております

 

フリーダイヤル;0120-51-8107

司法書士法人リーガルパートナーに寄せられたお客様の声

【スタッフBLOG】♤心の処方箋1名前を呼んでみよう! ♤

staff 2014年11月27日 木曜日

こんにちは、リーガルパートナーです♪

ある日、重い荷物を運んでいる時のことです。

うちの司法書士の先生に、

「○○さん、大変そうやね。手伝おうか?」

と声をかけてもらいました。

なんだか、心温かな気持ちになりました。

みなさんは、名前を大切にしていますか?

名前を覚えてもらっていると、不特定多数人の中から

自分を特別に扱ってもらえているようで、嬉しくなります。

これに対して、名前を覚えてもらえていないと、

この人にとって自分は、不特定多数の一人にすぎない、

取るに足りない存在なのだろう、と思ってしまいます。

名前の扱い・扱われ方によって、相手方に対する印象が、

大きく変わってしまうのですね。

『人を動かす』の著者であるD・カーネギーは、

下請社員の名前まで覚えていたとか!

とても魅力的な方だったのでしょう。

そういえば、私の尊敬する、経営をされている方は、

初めて入ったレストランなのに、

担当してくれている方を、名前で呼んでいました!

レストランの雰囲気は、終始和やかで、

素敵なサービスを受けることができました。

名前を呼ぶだけで、互いに暖かい気持ちになれる。

名前を呼ぶことが、特定の人を大切にすることに繋がるなら、

呼ばれる名前も、大切にしたいですよね。

ところが、人生では、名前が変わることもあります。

身近なところでは、結婚や離婚がありますよね。

結婚は、現在の法律で夫婦別姓が認められていないため、

夫婦のうちのどちらかは、氏を変えなければなりません。

(民750条)

離婚も、婚姻前の氏に戻るという変化があります。

(民767条1項)もっとも、離婚の際は、離婚の日から3箇月以内に届出をすれば、

結婚中に使っていた氏を使うことができます(民767条2項)。

大切な名前に関する決断も、法律を知らないでいると勝手に変えられてしまうのです。

離婚の際には、難しい法律関係もありますのでどうぞご相談ください。

このブログを見て、名前を大切したいと思って頂けたなら、

まずは大切な方を名前で呼んでみてくださいね。

寒い季節になってまいりましたが、みなさんの周りの空気が、暖かくなりますように♪

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

司法書士法人リーガルパートナーでは、皆様のお役に立てるよう、

スタッフ一同日々邁進しております

借金問題、相続、離婚、帰化等々・・

何かお困りのことがございましたら、お気軽にお電話ください

お待ちしております

フリーダイヤル;0120-51-8107

司法書士法人リーガルパートナーに寄せられたお客様の声