ニュース

【過払い研究室】踏み倒す

legalpartner 2013年2月18日 月曜日

「踏み倒す」 支払うべき金員を払わないままにしておくこと。
有史以来この言葉には、債務者にとっては甘い響きが、債権者にとっては怒りと絶望の感情が漂います。

過払い金返還請求の場合、貸金業者が「債務者」、借入をしていた側が「債権者」となるわけですが、業者によってはこの伝家の宝刀「踏み倒し」を振り下ろしてくるところもあります。

その手口とは・・・

まず担当者との和解交渉では当然に和解が成立しません(ビタ一文返ってきません。)。
このままでは泣き寝入りですので、訴訟を提起します。
判決が確定してももちろん和解が成立しません(ビタ一文返ってきません。)。

このままでは泣き寝入りですので強制執行をします。
しかし、口座にはお金がなく、不動産も所有していない為、空振りに終わります(ビタ一文返ってきません。)
費用倒れで損失が膨らみ、そして本当に泣き寝入りです。

まさに、怒りが沸々と湧き出し、その後絶望に打ちひしがれてしまいます。
このような業者をぎゃふんと言わす武器は残念ながら我々には与えられていません。
彼らは今日も明日ものうのうと生き続けていくのです(半分死に体のところもありますが)

 

債務整理及び過払い金に関する相談は、何度でも無料!

司法書士法人リーガルパートナー
TEL 0120-51-8107
http://www.law-kato.com

コメントは受け付けていません。