ニュース

2012年6月2日

【スタッフBLOG】夏の風邪にはご注意を!

staff 2012年6月2日 土曜日

こんにちは星屑流れ星JETです。

 

もうじき梅雨雨が始まりますね。

気温も上昇しているうえに今度は湿度です。

なにかと体力を崩しやすい時期ですのでお体には充分お気を付けください。

 

立ち飲み屋で自家製サバの燻製を肴にお酒を飲んだはいいが風呂にも入らず窓を開けたまま寝たりなんかすると簡単にカゼを引いてしまいますからね。

決して自分のことを言っているのではございません叫び

ちょっと前の話になりますが…母の日の花といえばカーネーション。

昨年買った鉢植えのカーネーションは1週間遅れで満開になりました。

 

多年草とは知らず、ひとしきり咲けば枯れていくものだと思っていましたが、なかなか枯れないので、水やりだけは秋も冬もし続けていたところ、4月の後半から芽吹きだし、ようやく満開になりました。

 

母の日には間に合いませんでしたが、1週遅れで墓前に供えることができてよかったなぁとニコニコ

 

☆☆☆

 

さて、自己破産を申し立てる際の費用に関しての話です。

 

自己破産をしようと考えても、無料で申し立てをすることはできません。

少なくとも裁判所に納める収入印紙1500円や郵便切手代などは必要になります。

自分で申立書を作成できるならほかに必要な費用はかかりませんが、自分だけですることはかなり困難です。

そのために弁護士や司法書士がそのお手伝いをし、20万円だったり30万円だったりの報酬を頂戴するわけです。

 

ところが、その費用も払えないほど生活が困窮している方は少なくありません。

そういう方は何の手続きもとることはできないのでしょうか?借金を背負ったままでい続けなければならないのでしょうか?夜逃げしなくてはならないのでしょうか?

 

そんなことはありません!!

 

法テラス、という言葉を聞かれたことはありますでしょうか?

法テラスではそのような状況の方の法律上の手続き費用をいったん立て替えてくれるのです。

自己破産であればおよそ10万円の費用で申立をすることができます。

その10万円を月3000円から1万円ずつ法テラスに返還することになります。

ぜひ法テラスのご利用もご検討いただければと思います。

 

法テラスを利用し、自己破産を申立て、無事に免責決定を得られたとしても、それは借金を整理しただけです。そのあとも人生は続いていくのですから、自己破産をきっかけにして、生活を再建してほしい、そう思いながら今日も明日も仕事をしています。

 

大阪で自己破産を考えていらっしゃる方はリーガルパートナー までぜひご相談下さいビックリマーク

 

法律を、もっと身近に リーガルパートナー:大阪,八尾