ニュース

2012年7月

【スタッフBLOG】** 今夏の活力 **

staff 2012年7月28日 土曜日

やっとジメジメの梅雨が明けたと思いきや!! 目

あっという間に夏真っ盛りとなり晴れ、毎日灼熱地獄が続いております炎

寝苦しい熱帯夜が続いて

少々寝不足気味のリーガルパートナー事務担当NO6ですショック!

夏といえばお祭りうちわ、大阪の夏のお祭りといえば、

日本三大祭として知られる「天神祭」ですね祭り

昨日は本宮でクライマックスには花火花火もあがりました花火

暑いなか、大川沿いで3000発の花火を

楽しまれた方も多数いらっしゃるのではないでしょうか。。。

 

私はといいますと、実は自宅ベランダから花火が見えるので、

自宅で家族共々、花火鑑賞を楽しみました音譜

といっても、

ここ数年の大阪市内におけるタワーマンション建設ラッシュでマンション

以前は全部見えていた花火花火1が、

タワーマンションによって半分、いや3分の2がかき消されてしまってますししょぼん

ベランダで優雅にビールを飲みながらではなく、

TVで天神祭りの中継を見ながら、

TV画面に花火が打ち上げられた映像が映ると、

急げ!とたんに慌ててベランダへ走り出て急げ!

ベランダから身を乗り出して(半分落ちそうになりながら・・・)、

タワーマンションからはみ出た部分だけの花火hanabi+.を見るという

優雅とは程遠い鑑賞であります・・・あせる

 

が、それにめげることなく、

例年、家族全員が集合し、音譜ワイワイと花火鑑賞を楽しみ音譜

美味しいお料理ナイフとフォークにお酒beer*をいただきながら、

これからますます暑くなる夏を元気に乗りるための活力をつけるのですアップ

 

そんなこんなで今年も昨日の「天神祭奉納花火花火」で、

今夏を乗り切るための栄養を心身ともにたっぷりいただきましたチョキ

今後の猛暑を ビックリマーク元気いっぱいビックリマーク

乗り切りたいと思ってますニコニコ

さて、お悩みをお抱えの方、

一度、司法書士法人リーガルパートナーに相談してみませんか。

スタッフ一同、誠心誠意、ご相談にお応えいたします。

【スタッフBLOG】◇◆夏の計画◆◇

staff 2012年7月20日 金曜日

熱い日晴れが続きますね。熱中症メラメラにはご注意を。 八尾オフィス勤務のH.Oと申します。 八尾オフィスでは登記・債務整理に限らず 各種多様なご依頼、ご相談を多く賜っております。 ご相談などは司法書士法人リーガルパートナー まで お気軽にご連絡下さい。

梅雨雨も明け、いよいよ夏本番ヒマワリですね。

夏休みの計画を考えていらっしゃる方も 多いのではないでしょうか。

私はここ数年、夏は東京東京タワーへ2泊3日で出掛けています。

関東に居を移した友人やかつての同僚達に 会いに行くにひひというのもありますが、 「東京ブックマーク」を使うので、 どこの旅行先よりも安くて済むという経済的理由¥が一番大きい得意げです。 (往復新幹線代新幹線とホテル代ホテル込で40,000円程度で済むというのはかなりありがたい)

旅行日程は、初日は趣味の銅像巡りを兼ねた東京周辺ブラ歩き走る人、 そして最終日は神保町の古本屋街本で締めるというのは毎度同じニコニコ

問題は中日の丸一日です。

昨年は朝から鎌倉大仏2へ繰り出し、 取り敢えず長谷寺、大仏、鶴岡八幡宮といった、 横浜在住の先輩曰く「ひねりもへったくれもない」お決まりコースを歩き、 戻る途中の川崎でナイター競馬競馬観戦という行程でした。

ちょうど鎌倉建長寺に着いた時に 大雨雨に降られ身動きがとれず、 これ以上の散策は中止せざるしょぼんを得なくなりました。

仕方がないので寺の庭園が見渡せる縁側で、 椅子に座って本を読みつつ雨が止むのを待っていました。

平日の昼下がりだったので人もほとんどおらず、 雨雨とはいえ贅沢な光景をほぼ独り占めにひひできたのはそれはそれで良い思い出です。

さてさて今年はこの中日の丸一日をどう過ごそうか、 東京を起点にどこへ行こうか走る人、 物事は計画しているときが一番楽しいニコニコと言いますが、 色々と思案中考え中です。

…そもそもこの旅行計画自体が 絵空事で終わらないことを祈るばかりですがショック!

 

法律を、もっと身近に リーガルパートナー:大阪,八尾

【過払い研究室】クラヴィスが自己破産

kato 2012年7月12日 木曜日

クラヴィスが自己破産

 

消費者金融会社「クラヴィス」(大阪市都島区)は5日、大阪地裁に自己破産を申し立て、同地裁は破産手続きの開始を決定しました。債権者は約46万人、負債総額は約3268億円で、消費者金融としては武富士に次いで過去2番目の規模。

このうち約3219億円が過払い利息の返還債務で、大幅にカットされる可能性が高いです。破産管財人によると、破産手続きに入った消費者金融会社の債権者数では、武富士(会社更生手続き中)などに続き全国で4番目、関西では最大の規模となります。

過払い金をどの程度返還できるかの「弁済率」は武富士の場合、3.3%で過払い金は96.7%がカットされました。

今回のクラヴィスの場合、ほとんど財産が残っていない状態で、回収できる債権額は3億円程度だそうで、おそらく過払い金の「弁済率」は絶望的な数字になりそうです。

 

クラヴィスは2007年12月に貸金業登録を廃止し、債権回収を進めてきたが、貸付先からの過払い金返還請求が相次ぎ、資金繰りが困難になったのが原因といいます。

 

同社は1975年に消費者金融「リッチ」として設立され、02~05年には「ぷらっと」、05~07年は「クオークローン」の商号で貸金業を行っていました。

債務整理の相手方として幾度となく交渉しましたが、「難敵の一つ」という印象が残っています。

 

消費者金融が破綻し、最終的に「過払い金」債権がカットされて終わるといういつもの構図が今回も展開されそうです。

 

そしていつも思うのは、「過払い金請求は急いでください!」です。

(文責代表司法書士加藤)

 

債務整理及び過払い金に関する相談は、何度でも無料!

 

司法書士法人リーガルパートナー

TEL 0120-51-8107

http://www.law-kato.com

携帯からアクセスされる方は「直接アクセス」からどうぞ。